オープニングイベントを終えて

4月15日(木)に「コラボレーションスペースTakt」がオープンしました。それを記念して、Takt初のイベント「「春だ!新学期だ!Taktオープンだ!」Taktオープニングイベント」を4月25日(日)に開催しました。これはTaktと地域の人々、そして参加者同士のことを知ろうというという思いから企画されました。検温、消毒、マスク着用、換気などの感染症対策をしたうえで、参加者19人の仲を深めていけたと思います。

まずは、初対面同士の参加者が多かったので、自己紹介から始まります。

初めてTaktに来た方や非会員の方、あまりTaktについて知らない方もいたので、Taktについてのお話も最初にしました。

今回は2つのゲームをやりました。

1つ目は「NGワード」です。「春」「今欲しい物」というテーマで2回やりました。最初にテーマに沿って隣の人が言いそうな言葉を紙に書きます。その紙を隣の人に渡しますが、受け取った人はその中身を見てはいけません。渡された紙を自分の頭に掲げて、会話の中でグループの他のメンバーに掲げた言葉を言わせます。

2つ目は「手作りすごろく」です。参加者にトークテーマを書いてもらいすごろくを作ってもらいました。駒も自分たちで作りました。

最後にみんなで感想を言い合って終わりました。

参加者の感想
  • 最初来るか迷ったけど来てよかった
  • 知らない人の方が多かったけど、とても楽しかった
  • たくさん笑った
  • 色々な人のお話が聞けて楽しかった
  • 意外と深い話ができた

 

参加者の内訳は県大2名、常葉6名、英和1名、社会人1名とCon‐Taktメンバーでした。いろいろな大学、学部、学科の人が集まって交流できることはTaktの魅力であり、強みでもあると思っています。参加者の感想から、Taktを通じてつながりを作れたことが実感できてとても良かったです。今後もその「繋がり」を自分たちも大切にしたいし、参加者にも大切にしてほしいと思いました。イベント終了後、参加者がお互いに連絡先を交換しており、ここから繋がりができ、この先も仲良くなって欲しいと感じました。嬉しいことに、そのイベントを通じて知り合った人たちがイベントを企画しているという話を聞きました。今後、タクトからこのようないろいろな”やりたいこと”が生れていくのだと、この先が楽しみになりました。

最近はコロナにより対面のイベントができないことが多いですが、今回はオープニングイベントとして、対面でみなさんとお話ができてとても良かったです。参加してくださった皆さん、ありがとうございました。

今後も、定期的にTaktでイベントをやっていこうと思いますので、ぜひ参加してみてください。

※写真の時のみマスクを外しています。

前の記事

新型コロナウイルス対策

次の記事

6月の定休日・時間短縮日